2009年1月28日水曜日

道具の工夫

以前、腕を悪くした反省から
なるべく負担がかからないように
道具の工夫をしています。

細い筆は軸も細いので、
長時間使っていると、首肩がしんどくなりますよね。
私は写真のように、軸を太くして使っていますが
なかなか良いです。

薬局で売っている薄いスポンジ(画像奥)を
筆にくるくると巻いて、
ほどよい太さで両面テープで固定します。
筆洗いに浸からない位置に巻くのがミソ(笑)

2年もすると、手前の筆のように
劣化してもろくなりますが、
外してまき直せばOKです。

2 件のコメント:

山口 カトリーヌ さんのコメント...

参考になりました!!
実は私も右の腕と肩と首が鉛でも入ったかのように張っています。
大好きな絵付けを始めると止まらないんです。
そうですか~~スポーツテープで太らせるといいのですね。
良いことを教えていただき感謝します。
先生は重症の腱鞘炎でしたか?
顔面の筋肉だけは凝らないよう気をつけましょうね。
わたくし達 顔が「売り」ですし・・・。

tabineko さんのコメント...

労って絵付けをしないと
日常生活まで不便ですものね。
ストレッチも気持ちいいですよ〜。

幸い腱鞘炎ではなかったので
今では回復しています。

絵付けは顔が売りだったんですか?!(笑)
皆さん手先だけ見てるとばかり思ってました(笑)